全国公的扶助研究会

イベント
cover

【2019/5/12開催】 定期総会&シンポジウムを開催します

2019年5月12日(日)、2019年度の全国公的扶助研究会の定期総会&シンポジウムを開催します。

10:00~12:00は定期総会、13:00~16:30はシンポジウムです。
定期総会は会員対象ですが、シンポジウムはどなたでもご参加いただけます。

貧困率が高止まりする中で、生活保護に関心が高まっています。昨年のテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」にみられるように、福祉事務所のケースワーカーがドラマの主人公となり、世間の注目を集めています。生活保護ケースワーカーが今求められる仕事とは?職場とは?職場での実践や研究会で実施した調査を基に検討します。

基調報告:「ケースワーカーとはどんな人?福祉事務所はどんな職場?」
            木下武徳さん(立教大学コミュニティ福祉学部 教授)

報  告:①「生活保護ケースワークと学習支援」(大阪市東淀川区)
     ②「生活保護世帯の高校生等に対する進路支援」(堺市)
     ③「福祉事務所とケースワーカーの置かれている現状と課題」
                    中村 健さん(新潟市西福祉事務所)
     コメンテーター :衛藤 晃さん(神戸市灘福祉事務所)
     コーディネーター:仲野 浩司郎さん(羽曳野市)

場  所:I-site難波 (大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号 南海なんば第1ビル2階)

詳細は下にあるチラシをご覧ください。

      定期総会.pdf      総会シンポジウム.pdf

2019年4月28日

お問い合わせ

事務局:全国公的扶助研究会事務局
E-mail:zennkoku_koufukenn@yahoo.co.jp